pointwalker資産運用ブログ

pointwalker資産運用ブログ

ポイントを貯めて生涯資産を作る

dポイントを貯めるための必須アイテム「dカードGOLD」

PVアクセスランキング にほんブログ村

スゴ得コンテンツ
▼ 初回31日間無料お試し

スゴ得コンテンツ




■ 「dカード」でdポイントを貯める

dポイントを効率よく貯めるためには、必須アイテムがあります。


それは、やはり何と言っても「dカード」。


日々のクレジットカードの利用で1%分のdポイントが貯まるので、日常生活の決済をdカードにまとめるだけで、dポイントが貯まります。


d払いやドコモのキャンペーンなどと合わせてポイント還元率をアップさせる方法もあります。


ドコモユーザーの方なら「dカードGOLD」のほうが、さらにおすすめです。


それでは、dカードでのdポイントの貯まり方の基本的な情報を説明します。


dカードの利用で貯める

100円利用ごとに1ポイント貯まる

dカードの通常還元率は1%です。100円(税込)利用毎に、dポイントが1ポイント貯まります。

dポイントが付与されるタイミングは、利用した日から3日前後です。毎日dカードを利用することで、dポイントはほぼ自然増加していくことになります。

dカード特約店ならさらに貯まる

マクドナルドやマツモトキヨシなどのdカード特約店の場合、dポイントカードの提示でdポイントが貯まります(店頭付与ポイント)。dカードで決済をすることでdカード利用分のdポイントも貯まるため、実質dポイントを二重取りできることになります。

「iD」「d払い」でさらに貯まる

dカードに搭載されている電子マネー「iD」。
dカードにはクレジットカード決済とは別に、「iD」という決済方法があります。実は結構あちこちのお店で使えます。

dカードで決済する時は、iD決済が出来るかどうかを必ず確認して下さい。 dポイントスーパー還元プログラムを利用することで、iD決済でのdポイントの還元率が最大+7%まで大幅にアップします。

「d払い」の決済方法をdカードにしておく

「d払い」は、単体で200円毎にdポイントが1ポイント貯まります(即時付与)。

d払い利用分の決済方法をdカードに設定しておくと、dカード利用分として1%分のdポイントが貯まります。

さらにd払いも、dポイントスーパー還元プログラムの対象なので、最大+7%分のdポイント還元があります。

キャッシュレス決済でお得にdポイントが貯まります。

↓ d払いを始める
d払い

公共料金の支払いもdカードにしておく

光熱費などの公共料金の支払いをdカードでクレジットカード払いにしておくと、100円毎にdポイントが効率よく貯まります。

さらに保険料などの固定費もdカードで支払うことで、毎月自然にdポイントが入ってくるようになります。

ガソリン代などの燃料費は、dカード特約店の「ENEOS」や「コスモ石油」でiD決済することで、dポイントがしっかり貯まります。

家族カード・ETCカードも同時に作っておくのがおすすめ

家族カード・ETCカードは同時に発行しておくと便利です。家族カードを利用した場合、獲得できるdポイントは本人会員側に付与されるので、dポイントが貯まる機会が増加します。

また、ETCカードも100円利用につき1ポイント貯まるので、申込みと同時に発行しておくとよいと思います。


dカードGOLDのメリット


dカードGOLDは年会費が10,000円かかる

ご存知の方も多いと思いますが、dカードGOLDは年会費が10,000円(税抜)掛かります。
この年会費を高いと見るか、安いと見るかは人それぞれですか、当blog管理人は「安い」と思います。
なぜなら、10,000円は充分に回収できるからです。

ちなみに年会費の引き落とし日は、カード発行日の15日締めの翌月10日となります。

ドコモ利用料金の10%分dポイント還元

ドコモユーザーの方の最大のメリットです。
ドコモケータイの利用額1,000円(税抜)毎に、dポイントが100ポイント貯まります。還元率は10%です。

dカードGOLDによくある謳い文句として、毎月の利用額が10,000円の場合、

・10,000 × 12ヶ月分で 12,000分のdポイント

が貯まります。
というのがありますが、これは年会費がポイントで返って来るだけなので、あまり意味ないように思います。

家族カードも10%還元の対象

dカードGOLDは、本人会員の年会費は10,000円ですが、家族カードは1枚目は無料で発行できます。

実は、家族会員のdカードと家族会員のドコモ回線を紐付けしておくと、家族会員の方もドコモ利用額の10%分のdポイントが還元されますので、これはお得です。

ちなみに家族会員の方の10%還元は、家族会員の方の回線側に付与されます。dポイントを本人会員に集約したい場合は、ポイント共有グループの設定をしておくか、d払いアプリのウォレット機能を使ってdポイントを送ることができます。

「ドコモ光」利用額も10%還元の対象

「ドコモ光」利用額も10%還元になります。

ドコモ光の毎月の利用額が5,000円の場合、

・5,000 × 12ヶ月分で 6,000分のdポイント

が貯まります。

ドコモ光は、ドコモケータイの月額料金の割引があるので、毎月の携帯利用額を節約しながらdポイントが貯まるのでオススメです。


その他、国内外の主要空港ラウンジ利用特典や旅行保険付帯・ケータイ補償などのサービスもあります。


dカードGOLDの年間利用額特典

dカードGOLDの年会費10,000円分を元を取る方法があります。

それは「年間利用額特典」という制度です。

毎年12月16日を起点として、翌年の12月15日までの1年間の利用額に応じて特典がもらえます。


年間100万円(税込)以上の利用で11,000相当の特典がもらえるので、達成すれば年会費分を回収できます。

年間200万円(税込)以上利用すると、22,000円分相当の特典がもらえます。つまり、年会費以上にお得になります。

ほぼ全ての消費をdカードに集約することで、達成することはそれほど難しいことではありません。

しかも、dカードを利用することで、dポイントがしっかり貯まります。


■ iDキャッシュバックで貯まったdポイントを使う

貯まったdポイントを有効活用したいなら「iDキャッシュバック」がおすすめです。

「iDキャッシュバック」とは、貯まったdポイントをiDキャッシュバックとしてチャージすることで、dカードに搭載されている電子マネー「iD」利用額から、「iDキャッシュバック」分をご請求時に減額(充当)できるサービスです。

毎月末までに交換手続きが完了したiDキャッシュバックが、翌月15日頃にクーポン残高に加算されます。また、iDキャッシュバックは、毎月15日までのdカード(iD)ショッピング利用代金に充当され、その充当分は月末頃にクーポン残高から減算されます。

2020年4月からは、100ポイント〜チャージできるようになり、用途・期間限定ポイントも利用できるようになりました。


■ 新規申し込み特典も充実

dカードGOLDは新規入会+利用で特典があります。
WEBやスマホから簡単に申し込みができます。

→ dカードGOLDの申し込みはこちら
dカードGOLD

新規入会+エントリーで最大13,000円分のポイントがもらえます。

dカードGOLDあると、dポイントが飛躍的に早く貯まります。

まだお持ちでない方は、ぜひ一度ご検討されてみては如何でしょうか。



HOME(記事一覧)へ戻る



id:pointwalker

pointwalkerblogの最新情報を受け取る


当blogに掲載している内容等につきましては一切の保証や責任等を負いかねます。当blogに記載されている内容や投資に関する最終決定はくれぐれも自己の判断にてお願い致します。



PVアクセスランキング にほんブログ村