pointwalker資産運用ブログ

pointwalker資産運用ブログ

ポイントを貯めて生涯資産を作る

2021年のdポイントの実績を振り返る

PVアクセスランキング にほんブログ村


本年も無事にdポイント投資が終了致しました。

今年も色々な方々の予想で当たったり外れたりして盛り上がりましたが、皆様の損益は如何でしたでしょうか?

今年は、クリーンエネルギーに大いなる期待を抱いて新年を迎えるも、見事にハシゴを外された1年でした。

果たして、このブログの損益はどうだったのでしょうか?

それでは、今日はこのブログの1年間の実績を発表してみようと思います。

投資家たるもの実績が全て。
実績が出せないものは、自ずと淘汰されていく運命なのです。

いきなりハードルを上げ過ぎてますが、大丈夫でしょうか。
まさかの赤字だったら責任取れませんよ。。。

それでは、まず今年の年初の1月1日時点の実績を見てみましょう。

スマー簿で過去の推移を確認してみると、
年初の通算損益は「+170,333」でした。f:id:pointwalker:20211229201236j:plain:w0

スマー簿 
f:id:pointwalker:20211229201236j:plain:w468
運用ポイント  累計損益

儲かっているかどうかは、合計損益を基準に考えているので、ここから増えているか、減っているかです。

増えていたら年間でプラス、減っていたら年間マイナスの結果となります。

その前に、まずは昨年末のコース別の内訳を見てみましょう。
よく見ると、金と米株は5桁の負債が。。。
クリエネ以外の実績があまりよくありませんね。

これまでの合計損益(2020年末実績)
f:id:pointwalker:20211229202513j:plain:w468
ちなみに、この実績のスクショは、昨年撮ってたのですが、あまりにも結果が悪すぎてそのまま内緒で封印していたのですよ。

果たして、本年2021年の最終実績は。。。
プラスでしょうか?マイナスでしょうか??

それではいきます。

結・果・発・表〜

こちらが本年最終日の結果となります。
まずは、スマー簿で確認してみましょう。

スマー簿
f:id:pointwalker:20211231062634j:plain:w468
運用ポイント  累計損益

本年の最終通算損益は「+194,146P」。
何と、23,813Pプラスの結果でした。

何とかプラスで助かりました。

内訳を見てみると、何と大幅に改善
金と米株も黒字化しているではありませんか。

これまでの合計損益(2021年末実績)
f:id:pointwalker:20211230171620j:plain:w468
昨年よりもある程度黒字化しましたが、日経インバースとSDGs/ESGの2つはマイナスでした。

5ケタの負債でも頑張れば2つも消すことができるので、来年中には黒字化したいところです。

しかし、1年間の通算損益はプラスとはいえ、1年間でたったの2万Pちょっとだけプラスというのはいけません。

原因はやっぱり「クリエネショック」でしょうか。
もっと早めに撤退しておくべきでしたね。

スマー簿
f:id:pointwalker:20211230152432j:plain:w468
運用ポイント  累計損益

ピーク時は、一時期20万P以上の利益があったのですが、案の定、「キャッチ・アンド・リリース」をしてしまいました。

そして、クリエネショックのあとは利益が1年間ほぼ横ばいに推移しているだけじゃないですか。。。

スマー簿 
f:id:pointwalker:20211229204615j:plain:w468
運用ポイント  累計損益

米国大型株に入れっぱなしにしておけば、勝手にポイントが増える1年だったのに、これではdポイントを上手く運用しているとは言えませんね。。。

ん??よく見ると。。。
結局、何か最後の12月だけちょっと上がっただけじゃありませんか?

スマー簿
f:id:pointwalker:20211229205058j:plain:w468
運用ポイント  累計損益

最後の1ヶ月だけで、今年1年間の結果の全てを語っているような気がします。。。

これは、もしかすると、11ヶ月間を無駄に過ごしてこのままではヤバイと思った作者が、今日のための実績を無理矢理作るためだけに追加を仕掛けたような感じがしないでもありません。

そういや、どうも最近米国大型株で頑張ってると思った。。。
ニガテなテーマにも手を出さなくなってるし。。。
最近は、日経の予想もしなくなってるし。。。

。。。

しか〜し。

投資家たるもの実績が全て。
実績が出せないものは、自ずと淘汰されていく運命なのです。

大人気なく米国大型株を選んだのも、立派な作戦のひとつなのであります。

まあ、何だかんだで1年間でプラスだったのは良かったと思います。

来年はご周知の通り、米国大型株を買い続けていくだけの人になります。

キャッチ・アンド・リリース
バイ・アンド・ホールド 。ですね。


HOME(記事一覧)へ戻る



id:pointwalker

pointwalkerblogの最新情報を受け取る

当blogに掲載している内容等につきましては一切の保証や責任等を負いかねます。当blogに記載されている内容や、投資に関する最終決定はくれぐれも自己の判断にてお願い致します。

スポンサーリンク



PVアクセスランキング にほんブログ村